Glory Days
〜ゆったり気ままに山下智久応援ブログ〜

スポンサーサイト                 

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
A NUDE 10月5日@長崎 MC編                 
遅くなりましたが、長崎MC。
今回歌とダンスが本当に素晴らしかったけど、MCも盛りだくさんで楽しかった!
歌とダンスではかっこよくてキレッキレで、MCはほんわかかわいい山下さん。もう一粒で何度でも美味しいお人です…!

走り書きのメモを元に書いているので、間違ってるとこあると思いますが、ご了承ください。ニュアンスでお願いします〜!
■機材トラブルのため山下さんトークで繋ぎ
「はだかんぼー」が終わって、ステージ暗転。山下さんちょっときょろきょろしてから、一旦そでにはける。
しばらくしーんとして何も起こらなかったんだけど、山下さんがマイク持ってとことこステージに戻ってきました。
上は白タンク、ボトムはグリーンの衣装のまま。着替えの途中っぽい。

「いきなりトラブりました」
「僕じゃないですよ」
「初日はいろいろあるよねー」
「これなんですよ(幕をさして)。幕がからまっちゃったみたいで」

「ジャニーズに入って最短のリハーサル期間でした」
「水にそーっと流してね。気持ちをリセットして。アピッてね。あぴ。あっぴ。あぴー」
インカムで「もういいですか?」と聞いてみるも、まだまだかかりそう。
「こんな変なライブないよねー」

客席見渡して「ペンライト買ってくれてありがとう」
「べっぴんさんばかりだねー」
「みんな15歳くらいに見える」
「たくさんの人に集まっていただいて」

「始まる前にちゃんぽん食べたよ。シーフード加減がいいよね。佐世保バーガーも食べたい」
「昨日ラジオでやってた?」(ちょうど前の日のクロスペテーマがご当地グルメだった)

「今回エンターテイメント性が高いライブになっていると思います。これ(幕のトラブル)を取り返せるくらい」
「寝ないで練習しました」
「すっと水に流してね」
「じゃまた後でねー」

■君の風になって
歌いながらカメラで客席をパシャパシャ撮ってた山下さん。曲が終わって、上を見上げて、
「写真が出てないよね…」
ほんとは幕に山下さんが撮った写真が映るはずだったらしい。
「けど映らない…」
「勝手に楽しもうぜーーー」(ちょっとやけっぱち気味に)
「でもね、俺の心のフィルムに焼き付けたよ!」

で、さらに次の曲のイントロがかからず、
「ミュージックはどうした、ミュージックはーーー」
「コンサート初日だぞーーー」
「もういけますか?大丈夫ですか?」
「まだなのーーー?」
「こんなところを見られるなんて」
と、かなり歯がゆそうな山下さん。でもこちらは山下さんのトーク長めに聞けてラッキーだったけど♪

「Sweetieって、かわいくない?響き」
「ホールは初めてなんですけど、こんなに近くで接することができる、僕にとっては貴重な機会です」
「後半も楽しんでね。って、まだ全然前半なんだけどね!」

■MC(1回目)
「今日2時間くらい前に来たんですけど」
「言い訳するわけじゃないけど、スタッフさんは朝からセットしてくれて」

「サマーヌード見ていただけましたでしょうか」
「観測史上一番暑い夏だったそうです」

「こっから敬語やめていいですか?」「よか?よか?」「好きばい」
「みんなで好きばいって言ってくれる?」
「せーの」客席「好きばーい!」
「すげー、元気出たー!」
「ばり好きばい!」

「ドラマ大変でね、台本来るの遅くて前の日とかなの」
「SexyZoneの勝利、すげーかわいいんだ、まじで。みんなでLINEやってたんだけど、ウサビッチのウホッとか送ってるくるの。構ってほしいのか?わーい
「俺が月9に初めて出たのが高2で、勝利と同じ歳なんだよね。ランチの女王。俺は色真っ黒で、金髪で、ピアスとかしてたのに、どうして勝利はかわいいんでしょう」
「ファンミーティングに勝地君が来てくれて。香里奈さん、戸田さんとも共演4回目で、気心知れて」
「朝日、何やってんだ、早く言えよって思ってた。なんで波奈江じゃないんだ」
「九州男児は『好きばい』でしょ。俺もどっちかっていうとそうだから」
でもこの発言に会場が「えー」という反応で、「やなの?じゃ、やめたー」

スタッフさんがステージの端っこに来てて、何故か英語で「Hey, what's up?」「Don't drink water」とか言ってた。

「A NUDE聴いてくれましたでしょうか」
「すごいアーティストの方に提供していただいて」
「作るときのテーマがあってね。
 いろんな歌を歌いたい。ジャニーズの、アイドルとしての特権かなって。いろんな人の趣味にはまるように。
 今回のテーマは、『そのままの君でいてほしい』という気持ちを込めて作らしていただきました。一人一人が素敵な魅力を持ってる」
「1曲目の『SING FOR YOU』は、お前らのことだけを気にしてるよって。ファンに向けての曲がなかったから、作らしていただきました」

会場から「ヤマー!」って声がかかったのかな?
「ヤマはやめて」「シタはやめて」
そして生着替えコーナー(?)へ。

■MC(2回目)
「今度はMCでーす」ということで、2回目のMC。
「熱くなってますか?俺は大分燃えてます」
「リハーサルで、3kg痩せたよ。ちゃんと食べてるんだけどね。すごいダイエットだよね」

日記について「最近更新できなくてごめんねー」
「他のスウィーティーのために、ここでブログを書こうと思います」
赤い演台の上にPCとマイクが置いてあって、そこで書き始める山下さん。
「好きばいでいい?」って、書くことを会場に聞く山下さんがめっちゃかわいい。
会場から「もってこーーーい!」って声が上がって、
「アンコールってこと?」「(今日のアンコールで)生もってこい聞けるのか」
「ちょっと書くからねー」とPCに向かう山下さん。

しかし、ふと顔を上げて、黙って回りを見回して、「また幕がトラブってるようです…」
「幕が出てきて、書いてるところが映るはずだったの」
幕に書いている文字が映し出されるはずだったらしい。
「俺だって激おこぷんぷん丸よ?」
「もってこーーー!」

「待てる?」って会場に聞いて、会場「待てるーーー」(当然よ!)
「じゃあちょっと待ってね」
「よかばい。優しい。響く、今の俺には」

「今日、楽しみにしてたんだよ。寝れなかった、わくわくして。遠足の前の日みたいに。ドリフみたいだよね」
「また幕上がって」(って私のメモに書いてある。幕が一度上がったのかな?)
「ピアノとか、ごめんね、下手くそで」
「今回の演出の人、厳しくて。これやって、あれやってって。頭パニック」
「ボイパもね、やったことないんですけど」(あれ?SBSでちょっとやってたよね?)
「家に帰って練習しました。Daichiさんていう方に教えてもらったんだけど、めちゃめちゃ優しくて。ボイパ広めてくれるならって付き合ってくれて」

ここでペットボトルの水飲もうとして、「上手く水飲み込めなかった」って、めっちゃかわいいいいい!

「17年間で、一番ドキドキしたコンサートでした。トラブルもあったし…」
「夢に見るんだよね。幕が上がってちゃんとお客さんいるのかなって。いたーーー!お客さんいたーーー!」
「偉いおじさん達に、山Pは何にも心配することないでしょって言われるんだけど、そんなことない。不安だらけだよ」
「俺もうすぐ30だよ。しわとか出てきちゃうよ」
「でも、体だけは動かせるようトレーニングしてるから。30代もよろしくお願いします」
山下さんぺこり。会場大拍手!

「命を削ってやっていこうと思ってます。頑張ります、みんなのために」
この言葉にまじ涙…!
「11歳で事務所に入って、どんどんやりたいこと増えてる。夢は大きくなってる。
 タッキーに憧れて、タッキーみたいにTVに出たい、ドラマに出たいと思って。デビューできて、コンサートして。
 常に自分で自分を磨いていきたい。ここで満足しないで、向上心を持って。
 みんなに元気を与えられるように。ファンになったことを後悔させないように」
「ジャニーズに入ってほんといろんなことがあった。
 17か20の頃は、かわいい服を着たくない、黒でかっこいいのがいいって亮ちゃんとかと言ってた」
「亮ちゃんとはこの間久々にメシに行ったよ」
「もちろんNEWSも頑張ってて。俺いい仲間に出会えたなって思う」
「スタッフさん含め、レコード会社の人も。パワーもらっています」
「明日もコンサートやりたいなー!でもまた来るから!」
「次は幕使わない!わーい

ここでもう幕がどうにもならなくなってしまったらしく、幕が機材ごと下りてきて、スタッフさん達がわらわらと普通にステージに出てきて直し始める。
「降りてきちゃって…」(相当悔しそうというか申し訳なさそうな山下さん)
「結構かかります、すみません」
「ラジオやジェネ天やってます」
「喋りが苦手な俺は、中尾彬さんに突っ込むのは無理だよね。俺がネジネジされちゃう」
「中尾さんとは美容室一緒なんだよね」
「今田さんはすごい。人間てこんなに喋れるんだって。あれはね、魔法だね!」
「初心者マークを付けてるんだけど、1回忘れたふりして外してみようと思ったのね。そしたら山下さんこれ忘れてますよーって」

ここでインカムで何か聞いたらしく、
「え、そんなドッキリあり?」「心臓麻痺る」
「良かったね、長崎」
ってことで、ここで慎吾君登場ーーー!サプライズに会場大歓声!
慎吾君は、グレーのニット帽に眼鏡、黒い半袖Tシャツ、朱色っぽいボトム、チェックのロングストールを首にかけてました。
完全に私服って感じで、ステージに出るのは予定外だったみたいです。

「みんなの大好きな山下とThe MONSTERSをやっている香取慎吾です!」
「初日だといろいろあるよねー」
「幕どうなってるの幕」
「ずっと(ステージに出るの)我慢してたんけど、よし、行こう!って」
「もう行ける?行けないの?」
「(ステージ)見てたよ、チェックしてたよ」

山下さんが客席に香取さんうちわ見つけて、
「まさかの香取さんうちわ!」
「ということは、昨日連絡した通り(ニヤリ)」と笑いを取る慎吾君わーい
「かっこよかったね。いい感じで進んでたんだけどね。はだかんぼーのあたりで、やりたいことあったのに、幕のトラブルがあって」
「でも山下ずっと喋ってて、すげー喋れるようになったねえ!」
「ありがとうございます。わーい、褒められたー!」ってめっちゃ嬉しそうな山下さんきゃわすぎる(>_<)
「サイコー!長崎もってこーい!」
この辺2人で並んで喋ってて、2人ともほんと楽しそうで、めっちゃかわいかった!やっぱこの2人のツーショット好きーーー!

てPCを覗き込む慎吾君。
「小学生の日記みたい」って、ちょっと恥ずかしそうに自分で言う山下さん。
「じゃあここに俺も書こう」
とやりとりしてたら、ここでステージの上の方にかかった幕に画面が映って、
「出たーーー!」
ステージの2人も会場も大盛り上がり!
丸文字っぽいかわいいフォントでした。

確かこの辺で山下さんジャケット脱いでたような。
「二度あることは三度ある」
「これが初日って感じだよね」
「でも香取さんも来てくれたし」

山下さん、日記の続きに『ちょーうれしー』
この入力がめっちゃたどたどしくてかわいかった。
慎吾君「俺も書く、この隣」
『慎吾です。つよぽんはいないよ』
このとき『慎吾』が変換候補の3番目で、「一番にしてよ」みたいなこと言ってた。

「終わり?」
「ありがとうございます」
「今日だけのサプライズ」
慎吾君、はけながら「反省会だよ、あとで」「この後のくだりがー」って口走ってた。
うーん、慎吾君何かいろいろ知ってるっぽかったけど、構成に関わってるってこと…?

「香取慎吾さんでしたー!」って見送って、へなへなとステージに崩れ落ちる山下さん。
これ去年の代々木オーラスと全く一緒で、未だに変わらない2人の初々しい先輩後輩関係にときめいちゃった。
「今日はなんなんだ。びっくりした汗
「でもピンチがチャンスに変わった気がする」

ってことで、MC終了!
トラブルもあったけど、本当に楽しいMCでした!
慎吾君の言うとおり、山下さんめっちゃトーク上手くなってた。トークのスキルって言うよりは、幅が広がったというか。会場の空気を上手く拾って、上手く返す感じ。これはホールだから余計そうなのかもだけど。山下さんのあの柔らかいトークがすごく好きです。
久々に慎吾君とのツーショ見られたのも嬉しかったな。代々木は来るかもと思ってたけど、まさか長崎まで。

あと、日記コーナーがすごくいい企画だなと思いました。
書いてるとこ見られて会場のファンも嬉しいし、来れなかったファンも後で読んで楽しめるもんね。
山下さんもコンサート終わってから書くのは大変だろうし、ここで書けて、一石三鳥くらい?
コンサートがある日はほぼ確実に更新あるってことだよね。わーい、楽しみ♪

今回のコンサートは、歌とダンスがキレッキレで、めっちゃハードで、美しくて精悍なんだけど、MCはやっぱりかわいくてほっこりして。ほんとに一粒で何度でも美味しかった。
どのシーンを見ても山下さんがすごく楽しそうで、会場の一体感も良かったな。とっても温かいコンサートでした。

まだツアーは始まったばかりだけど、最後まで無事成功しますように。
私も後何回か入ろうと思ってるので楽しみです。
体力的にもキツそうだけど、身体に気を付けて、がんばって!
: ライブ : comments(0) : trackbacks(0) : posted by りの :
スポンサーサイト                 
: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://glorydays.jugem.jp/trackback/1702
<< NEW : TOP : OLD>>