Glory Days
〜ゆったり気ままに山下智久応援ブログ〜

スポンサーサイト                 

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
エロP 8月29日@代々木                 
エロPオーラス行ってきました!
いろいろありすぎて、何から書けばいいのか…。
本当に楽しくて素敵なコンサートでした。今も胸がいっぱいです。

開演前に、収録のためカメラが入るアナウンスがありました。
オーラスがDVDになりそうですね。

そしてゲストに、香取君が来てくださいました!
密かに来てくれたらいいなと思っていたので、めちゃめちゃ嬉しかった!
ありがとうございます〜〜!

続きにMC中心にレポです。
天井席でかなり見えてなかったのと、走り書きのメモを元に書いているので、いつも以上にいろいろ間違ってると思いますが、ニュアンスでお願いします!
■OP
割と大人しめな印象のある東京会場ですが、今日は開演前から声が出てたような気がする。
照明が落ちて鼓動の音が鳴り始めると、一気に大きくなる「エロP」コール。
OPの山下さんのモノクロ映像が映るたびに、会場「キャー!てれちゃう
映像の最後に「FINAL」の文字が映し出されて、さらに歓声。うわーん、とうとうオーラスだよーー!(>_<)

■ERO
「恋なんて」「フー!」「使い捨て」「フー!」がめっちゃ揃ってた!
「バイバイ」の代わりに「好きだぞ!」
「みんな今日は最後までエロエロで行くぞーーー!」

■愛、テキサス
間奏で「今日みんなの顔を見て思ったことを言います」
スタンド南を指して「こっちのみなさんもそう」、北を指して「こっちのみなさんもそう」
アリーナを指して「アリーナのみなさんも…」
って言いながらカミカミ。
「お前らみんなエロすぎんだよーーー!」何とか言い切った!わーい

■はだかんぼー
「東京FINAL、楽しんでいこうぜー!」

■挨拶
「改めまして、エロPでーす!」
沸く会場に「元気じゃないですか!」
「今日はFINAL。お祭りですよ」
「さっきのチャッチャチャフーも揃ってたね。すごい一体感だよね。
 皆さんとの距離感を近づけたいなと思います」
って言いながらまたカミカミになっちゃって苦笑い。かわええ♪
「今日で最後だからね、どっか気が張っちゃってるんだろうね。カミカミですよ」
「夏の終わりにエロPツアー来てくれてありがとう」
「イヤッフー♪いろんなコンサートがあるけど、みんなでイヤッフーって盛り上がるのはエロPツアーだけだよね」
「やー、たまんないね!」
「みんなで一つになって盛り上がりたいと思います。恋人気分で楽しんでね。イヤッフー!」

■PARTY DON'T STOP
スクリーンに映った山下さんが、ふーって息を吹くとハートがいっぱい飛び出す演出。
もう毎回かわいくてかわいくて大好きなんだけど、その後メインステージの奈落からするするっと人が登場して…、

うわわ!香取君だーーー!!!

会場大歓声でした!
山下さん「お祭りだって言ったでしょー!」
香取君、そのまま一緒にパリドン歌って踊ってくれました!うわー、これは嬉しい!
このためにパリドン覚えてくれたのかなあ。めちゃめちゃ多忙な中、なんて素敵な先輩なんだ!

■MC
そのままMCに突入。
香取君、「オハヨウゴザイマス♪」ってパリドン風に。
香「来ちゃった」
山「びっくりですよ僕も」
香「こっちのみなさんもー」ってOPの山下さんの真似を挟みつつ、「来ちゃったねー」
山「ありがとうございます!」

香「今度2人でドラマをやることになって。
 あと、SMAPのアルバムの、僕のソロ曲を一緒に作ったんだよね」
会場「へえー」って感じだったので、知らない人も結構いたのかも?

山「正直僕は香取さんが来るの知ってたんですけど、緊張もあってカミカミでした」
香「アリーナかんじゃだめだよね。尺もギリギリだったよね?」って突っ込みわーい
「盛り上がってるねー」
「もう山Pじゃないね、エロPだね。山Pって言ってる人いない。みんなエロP」
「どうなの?アルバムのタイトル」
山「マネージャーさんが『あんたエロそうだからエロでいいんじゃない』」とアルバムの説明。
「27歳を皮切りに」って、今日は27ちゃいじゃなく、27歳って言ってたわーい
香「実際もエロいんでしょ?」
山「まあそれは、今日限りで言わせていただくと、エロいです!」
香「このエロPがーー!」(スマスマの「このエロペットがー!」のノリでわーい)

山「スマスマで、Pちゃん、山Pちゃんに出させてもらったんだけど、SMAPさんと同じステージに立っていることにびっくりしてます」
香「最近ドラマの撮影で一緒にいるんだよね。羨ましいでしょ。みんなの山Pと俺一緒にいるんだよー」
「まだドラマ始まってないけど。すごい近いの」
って、ステージで2人向き合って、めっちゃ顔近寄せて、数センチの距離。会場悲鳴わーい
「山Pね、すごいいい匂い」
「香取さんもいい匂いです」ってなんだこのやり取りわーい

しかし、横に並ぶと、香取君大きい!体つきもがっしりしてるし、山下さんがすごく華奢で小柄に見えた。
後で話が出てくるけど、2人とも黒と銀の服で、並んだ感じがすごくしっくりしてて、いい凸凹コンビだなあと思いました。ドラマ楽しみだ♪

「どうなの、一人でやってて」
(ここで私のメモに「わーすごい、ありがとうございます」って書いてある。何だろう…)

香「SMAPだと、ぐったりしたときも、いるから、誰かしら」
山「一人の分大変だけど、みんなからもらえるエネルギーも大きい」
「いわゆるエロエロパワー」
香「すごいよね、みんな山Pのうちわ持ってるんだもんね。SMAPだと、木村君のうちわさしてる人も、近くに行くとさっと隠して、反対の手で手を振ってくれたり。でも全部山Pなんだよね。すごいことです」
山「パンツをうちわに被せてる人もいて」
香「パンツ?」
山「はい、アルバムの特典の。火曜曲で中居さんがニット帽みたいに被ってくれたんですけど、その影響だと思うんですけど」(そうかな?わーい)
香「おパンツ被ってる女の子がいるライブ。すごいよね」

香「今日最後でしょ?最後どう?」
山「だんだん楽しくなって、リラックスしてきて。でも寂しいです」
香「一番盛り上がったのはどこ?」
山「そりゃあ今日盛り上げてくれますよね?」会場大歓声!

山「曲を作っているとき、香取さんからちゃんとしたアドバイスをいただいて。ファンのことどう思ってる?って。
 大切だと思ってますって言ったら、それじゃまだまだだ、恋人だと思って接しろって」
香取君、会場にアピールして、チャッチャチャチャ!
山「それから恋人気分で楽しめるようにって。ノリノリになってきました」
香「エロエロ?」
山「すごく喜んでくれるので」
香取君、客席に向かって「みなさんは山Pの恋人です!」
「コンサートに来てくれて、CDを買ってくれて、たくさんのお金を落としてくれる、大切な恋人です!」って笑いを取ることも忘れないわーい

香「(MC)いつも一人で喋ってるの?」
山「はい」
香「何喋ってるの?」
会場から「何かやってー!」って声がかかって、香取君「その振りはないでしょ?」
山「お客さんと会話したり、キャンペーンの裏話したり。CMとか、ファンクラブとか。そういう話をばーっと。
 あと、近くに行って質問聞いたり」
香「質問?何の?」
山「何でも」

香「俺まだいてもいいの?」
「本当に急に来ることになって。ドラマの撮影しながら、いつ出る?って相談したりしたんだよね」
「で、俺はこれからどうしたらいい?」
山「お願いがあるんですけど」
「これから質問コーナーなんですけど、僕こっち側に行くので、香取さんこっちに」とすたすたとアリーナに降りて始めようとする山下さん。
香取君びっくりして、「え?降りるの?」
山「はい、そこに階段があるので」(そういう問題じゃないわーい)
香「スターがステージから降りていいの?」
山「できるだけ恋人気分で、近くにいきたいなと」
香取君、びっくりしながら降りてくれたんだけど、ステージの高さ示しながら、「ステージの高さって重要だよ。この高さが俺たちを輝かせてるんだよ!」
でも、「ラストなんで、すみません」とあくまでもマイペースな山下さんわーい

そうだよねー、SMAPさんのコンサートで客席に降りるってきっとありえないよね。山下さんのコンサートでは当たり前になっちゃってるけど、そりゃあカルチャーショックでありましょう。
香取君、ありがとうー!

山下さんは南側のアリーナへ。香取君は北側へ。マイク越しに会話。
山「ええと、じゃあ、香取さんから聞いてもらっていいですか?」
香「いや、やり方がよく分かってないから、山Pからやって」
山「何でもいいですよ。僕への質問でも、香取さんへの質問でも。きっと答えてくれると思うので」
香「いや、山Pのでいいだろ!」
山「もしかしたらあるかも」
香「山Pのでいいよー」

まず山下さんがマイクを向けた女の子「ツアーが終わって寂しくなっちゃいます。どうしたらいいですか?」
「すぐまたやりたいと思います。山Pのアルバムも聴いてね」

山「香取さん、大丈夫でしょうか?」
香取君もマイクを向けて質問きいてくれました。
女の子「山下君のわきげが薄くなってると思うんですけど」
山「僕は生まれてこの方いじったことないです」
「薄くなってるの?」「いつ頃から気になってるの?」と引っ張る香取君わーい
女の子「ツアー始まる前、LOVE CHASEでノースリーブ着てるときに」
山「照明の関係じゃないかなあ。いじってないです。ナチュラルボーンです」とあくまで真面目に答える山下さんわーい
香「いじってないって。SMAPもまだそこまでしてないからね!」

山下さんサイド。「バスケ部の大会があるんですけど、勝てますか?」
山「占い師じゃないから分からないけど、勝てるといいね。頑張ってね。勝てるよ。頑張ってね!」

スクリーンに映った香取君、缶ジュースを飲んでる。
えええ!?お客さんの缶ジュースだったみたいで、飲んで、缶を返してた!
香取君もかなりのフリーダム!

次に香取君がマイクを向けた女性は、香取君に「体見せてください」(おーい、ゲストにそんなリクエストするなーー)
香取君、スタジャンぽいジャケット着てたんだけど、前を開けて見せてました。
もちろん中に白いインナー着てたのだけど、そしたらその人香取君に抱きついちゃった!おいおいおいー!
「冥土の土産にします」
香取君「上に行ってもSMAPを応援してね」ってさすがの対応!

その後「指輪を盗むな!」って言ってたので、取られそうになったのかな?みんなもっと自重してー!
「すごい近いよね。こんなに近付くの?」ってびっくりしてました。

2人ともセンターステージの前に辿り着いて合流。
2人がマイク向けた女性「中国から来ました。FCに入りたいんですけど、どうしたらいいですか?」
「入れるよ」「外に受付があるからね」
女性「日本の住所じゃないと入れないです」
香取君と山下さんとで「話しとくよ」「後で受付に聞いてみてね」って答えてたんだけど、このお二人の言葉と女性への接し方が、すごく雰囲気が良くて、息も合ってて、いいなあと思いました。アイドルのなせるわざなのかなあ。

この女性の方、さらに「謝りたいことがあります」
2人が「なになに?」って感じで聞くんだけど、「相葉君がー」ってこと以外、よく分からなかった汗
でもちゃんと2人うんうん頷いて聞いてあげてた。
香取君「山Pと相葉君、どっちのファンなの?」「山Pです!」って、うまくまとめてくれてました。
香「これからもよろしくね、山Pね」
女性はさらに「私、山Pのために日本語を勉強してます」って話を続けようとして、
山「香取さんのマイク取っちゃった汗
香取君「さすが山Pのファンだね。こんだけ近くにいても、全く俺を見ない」

香「香港、韓国、いろんなとこから来てくれてますね」
「近いなー!山Pのコンサート!」って改めてびっくりしてた。
いやもうほんと普通ならありえないことだよね。ありがとうございました!

しかし、みんななんで質問で「MONSTERS」のこと訊かないんだー!(>_<)
ドラマのことでも香取君のソロ曲のことでも、折角2人が揃った貴重な機会なんだから、2人の絡みとかエピソードとか訊いてほしかった。
もし私が当たったら、あわよくば「MONSTERSサビだけでも2人で歌っていただけませんか…?」ってリクエストしたかったよー!(天井席だから無理だけど)

2人で花道を歩きながら、
山「僕感動してるんですけど、2日前に出てくださることになって、香取さん、私服なんですけど、銀と黒で合わせてくれたんですよ」
香「衣装用意しますかって聞かれて、いやゲストで衣装はおかしいでしょって。
 でもちなみに山Pのはどんな色?って聞いて。昨日の夜、必死に考えたよ」
山下さんの衣装に合わせて、銀と黒の服を着てくださったとのこと。ちなみに香取君は、身頃がブラックで袖がシルバーのスタジャンでした。
うわーん、先輩!ほんとにありがとうございますー!

香取君、会場に「ドラマ見てくださいね。山下のこと支え続けてあげてください」(山下呼び!)
「あそこ(関係者席)に、芸能界関係各所の方々がいらっしゃいます」
「山Pをよろしくお願いします」
「みんなでお願いしましょう」ということで、会場みんなで言うことになり、
香「せーの!」
会場「山Pを、よろしくお願いします!」
スクリーンに関係者席が映って、皆さん拍手してくださっていました。
山下さんすごくびっくりしてて、「すげー…」「初めての感覚汗」って胸を押さえてた。

いやほんと、こういうの初めて見た。香取君すごい。偉大すぎる。
香取君のこういう気遣いと実行力もすごいし、咄嗟のことなのに会場の声も綺麗に揃ってて、ちゃんと思いもこもってて、何か感動的でした。鳥肌立ちそうになりました。
山下さんも嬉しかったんじゃないかなあ。
香取君、「こういうの大事です。山Pに必要です。応援が必要です」って言ってくれてました。

香「最後まで見てるからねー」
山「香取慎吾さんでしたー!」
香取君「好きだぞ!」って山下さん風に言ってはけていかれましたわーい

一人になった山下さん、「あーーー」と言って、ステージに膝をついてへなへなと崩れ落ちてたわーい
「まじ緊張したーーー汗
「ちょっと水飲んでいい?」
「びっくりした、まじで」
と繰り返し、ほんとに緊張してた様子。でも良かったね!嬉しいね♪

「MONSTERSっていうドラマをやります。香取さんは変わり者で、僕は御曹司の役。凸凹コンビです。かなり面白い作品になっていると思います」

「今日は後輩も来てくれてます」
関係者席にいたバカレアのみなさんを紹介。ごめん、私疎くて誰が誰やら全く分からなかったけど、スクリーンに映ったみなさん、立ってお辞儀したり手を振ったりしてくれてました。

「あ、そうだ!さっき思いっきり目の前で浮気したな!」とさっき香取君に抱きついた人のあたりの席に向かって。
「でもいいよ、浮気してもいいよ。でも最後は俺のところに戻ってこいよ!」
何かまたカミカミになっちゃって、でも「フー!」って盛り上がる会場に、「使いどころはそこ!」とか言ってました。

ロマンチックでステージに上がる2人を抽選。
「くじ引いてリアクションないと切なくて寂しい。リアクション期待してます!」という山下さん、盛り上がる会場に嬉しそうでした。

「みんなでみんなを励ましあいたいと思います」
「今日は男の子もたくさん来てくれてますね」
「俺が空気読めないこと言っちゃったときに、男子がいると、いやー分かるぞ俺は!って感じで、心強いんだよね」
「じゃあ男だけで『エロPー!』って言ってみよう。せーの!」
「エロPーーー!」って会場に響き渡る野太い声わーい
山下さん「筋トレのことならなんでもきいてね!」って言ってました。

そうそう、ほんとに男子率高かった。私の隣のブロックにも男子2人連れがいたんだけど、すごく今時の男の子っぽくて、でもちゃんとエロPTシャツ着て、エロPバッグ持って、ペンライト振って盛り上がってました。
男子だけのエロPコールも声出してくれてて、周りのお姉さん達から拍手もらってたわーい
今までは、男子がいても、女子に連れられてくるパターン(カップルとか兄弟とか)が多かったんじゃないかと思うけど、男子だけで来る人も増えてるのかな。これは嬉しいことだね♪

希望のサビを会場みんなで歌った後、
「最近真面目に考えてることがあります。スタッフさんたちと食事会をする機会があったんですけど、150から200人の人が、コンサート作るために一生懸命やってくれている。トラックも日本中を駆け巡ってくれてる。たくさんの人たちのおかげでここに立てている。もちろんここに来てくださった皆さんも」
「その分たくさん恩返しをしたい。僕の時間を全部みんなのために使いたい」
話しながらまたカミカミになっちゃって、
「真面目な話してるのに〜(>_<)」って悔しそうに苦笑いわーい
「まあそこがエロPのいいところなんでね!」ってまとめてました。
「みんなに楽しんでもらえるように頑張ります!」

■悩みの森の真ん中で
歌い終わって、
「皆さんの楽しそうな顔が、自分に光を当ててくれている気がします。」
「みんながおばちゃんになっても、俺がじじいになっても、毎年楽しい時間を過ごせたらって思います」
そして深々とお辞儀をしてくれました。

■アンコール
今日はアンコールが4回もありました!
最初のアンコールの前だったか後だったかで、スクリーンに
「Thank you for coming today.
 Hope to see you soon.」
みたいなメッセージが映されていました。(メモ取り切らなかったので曖昧汗)

最初のアンコールはセニョとアミーゴをスタトロで。今日も歌詞間違えてた。これがDVDに入るのねーわーい
山下さん、たくさん手を振ったり、投げちゅうしたりしてたんだけど、ほんとにいい笑顔でニコニコしてて、もはや天使通り越して菩薩様の微笑のようでしたぴかぴか

■ダブル
Lovelessやってくれたよー!
最初は踊らないで花道でファンサしながら歌ってたんだけど(この間ダンサーさん達がメインで踊ってくれてました。この1回のために振りを覚えてくださったんですね。ありがとうございます!)、
後半はメインに戻ってダンサーさん達と踊ってくれました!きゃー、久々のLoveless!

もう1回コールが起こって、愛、テキサスもやってくれました!

■トリプル
「次のコンサートまで何ヶ月か空いちゃうけど」
「もっとエロエロになってもいい?行き過ぎてもネットに書かないでくださいね」
「みんなの記憶に鮮明に残るように」

そしてEROを歌ってくれました!
「バイバイ」は、「愛してる」会場大歓声!
途中でTシャツ脱いで客席に投げ、上半身裸になってました。
ほんとにタオルやらTシャツやらばんばん客席に投げてた。

■クワトロ
エロPコールやまず、山下さん再々々登場!
マイク持たずに、人差し指をくちびるにあてて「しーっ!」のポーズ。
会場が静まるのを待ってたら、静かに歌声が聴こえてきて。
会場のファンが「迷いの森の真ん中で」を歌い始めたのでした。
私twitterとかやってないので知らなかったんですけど、ファンの間でサプライズ企画があったんですね。(もともとはこのタイミングではなかったみたいだけど)
みんなすぐ気付いて、どんどん歌声が大きくなっていって。綺麗な合唱でした。
山下さん、最初は「え?え?何が起こったの?」みたいな感じで戸惑ってたけど、すぐ迷いの森だって分かったみたいで。ほんとにえもいわれぬ笑顔で聴いてくれました。ちょっとうるうるしてるように見えた。
1番が終わって歌声がやむと、ちょっと待ってねってジェスチャーして、マイクを取りにいって。

「生声でありがとうございましたってかっこよく挨拶しようと思って出てきたのに」って、ちょっと照れくさそう。
「いつもは雑誌の中だったり、ブラウン管の中だったり、直接会えない時間が長いから、コンサートはかけがえのない時間でした」

口元からマイク外して、呼吸を整えて、生声で、

「みんなのことが、大好きだーーー!」

って叫んでくれました!
2階の天井席まではっきり聞こえる、大きな声でした。
聞いてる方も胸がいっぱいになってしまったよー!(>_<)


ほんとに楽しくて素敵なコンサートでした。今も胸がいっぱい。
すごくクオリティが高くて、まさにスーパーアトラクションという感じで、そして、愛情溢れるコンサートでした。
ファンもだし、山下さんもすごく楽しんでたんじゃないかな。
香取君が言ってたように、最初から最後まで一人で歌って踊ってって、すごく大変だと思うんだけど、始終すごくいい笑顔で、疲れも全く見せず。
ほんとにコンサートが大好きなんだなあって実感しました。
それを見てファンもめっちゃハッピーになるという、ほんとにいい相乗効果。
山下さんは何度もたくさんの人のおかげでここに立ててるって言ってたけど、それは山下さんが頑張って素敵な姿を見せてくれるからだとも思います。
本当に本当にお疲れ様でした!
素敵なコンサートをありがとう!

ああしかし、山下さんが夏の終わりって何度も言ってたけど、エロPツアーとともに、私の夏も終わってしまったよー(>_<)
この夏は、イベントやコンサートやらで、生山下さんに5回も会う機会があって、かつてない大充実の夏だっただけに、このあとしばらくないのかと思うと、めちゃめちゃ寂しい。
ほんとすぐまたコンサートやってほしいくらいです。

香取君も山下さんも、連載に昨日のこと書いてくれてますね!
香取君は今日から大阪だったんだよね。忙しい中最後までいてくれたみたいで、本当にありがとう!
そして山下さんは今日からもうドラマの撮影。
公式twitter(開設されたんだね!)によると、今日は山下さん走る撮影だったようで、暑い中ほんとにお疲れ様です汗
2人とも時間的にも体力的にも大変だと思うけど、身体に気を付けて、がんばって!

ほんとに楽しいコンサートでした。
素晴らしい時間をありがとう!
じじいになってもコンサート続けてね!おばあちゃんになっても行くからねーーー!
: ライブ : comments(0) : trackbacks(0) : posted by りの :
スポンサーサイト                 
: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://glorydays.jugem.jp/trackback/1466
<< NEW : TOP : OLD>>