Glory Days
〜ゆったり気ままに山下智久応援ブログ〜

スポンサーサイト                 

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
エロP 8月28日@代々木                 
代々木初日行ってきました!
楽しかったー!てれちゃう

スタンド席だったけど、横アリの時よりメインに近く、ステージの山下さんがよく見えました。
公輔ヘアの山下さん、めっちゃかわいくて爽やかできらっきらでした!
今日と明日でツアーが終わっちゃうのをしきりに「寂しい」って言ってたよ。

簡単ですが、MC中心にレポです。
走り書きのメモを元に書いているので、いろいろ間違ってると思いますが、ニュアンスでお願いします!
■ERO
くちびる型のゴンドラで登場。これ、360度回転するんだったんだね。
最初は寝そべって歌って、そして途中で立ち上がって歌ってました。結構怖い。横浜もそうだったっけ?
そしてやはりモフモフの白いロングコートがプードルに見える。
「今日もエロエロで行くぞー!」

■愛、テキサス
「東京の皆さんに言っておきたいことがあります。今までずっとないしょにしてきたけと、言っちゃいます。みんなのことをエロい目で見てまーす!最高の思い出作ろうぜ!」

■挨拶
「改めまして、エロPでーす!」
「今会場を回ってね、見渡す限り10代ばっかりだったなー!」
「夏の終わりにね、盛り上がって、楽しい思い出を作ってくれたらなと」(夏の終わりって何度も言ってた)
「みんなと距離を縮めていけたらなと。今日は恋人気分でね、イヤッホー上向き
「さっきの『チャッチャチャフー!』も揃ってたね!」
「何でも言ってきてもらっていいからね。脱いでとかね」
会場「脱いでー!」
「まだ早いでしょ!笑」

■Hit the Wall
山下さんから腕上げて振ってねって指示あり。(横浜でもあったっけ?)
サビの「Let's hit the wall tonight」のあと、「HEY!HEY!HEY!HEY!」ってレスポンス。揃っててめっちゃ気持ちよかった!
他の曲も、手振りとかクラップとかコールとか、横浜より断然揃ってた。すごく楽しかった!

■MC
「暑い人ーーー!?」会場「イエーーーイ!」
「俺も暑いぜーーー!」
「ツアーもあと2日で終わりです」「寂しいーーー(>_<)」とほんとに寂しそうな山下さん。何度も寂しいって言ってた。
「でもね、またすぐできるように頑張っていきたいと思います」

「今会場を回ってて一番困ったことは、(関係者席に)偉い人がいっぱい座ってる。どうしたらいいか…」
ってペコリ。今日はスポンサーさんや偉い方々がたくさんいらしてたみたい。

何故アルバムが「エロ」なのか。「27ちゃいを皮切りに」「エロスは愛の神様。ダブルミーニング」などなどの恒例トーク。
途中「イヤッホー!」とか掛け声上げて沸く会場に、「ノリよすぎ!サイコーだね!」って嬉しそう♪

会場に「アルバム買った人ー?」「はーい!」
「買ってない人ー?」「はーい!」
「なんで『買ってねーけど?』みたいな、ドヤ顔なんだ?笑
 (客席に手を広げて)みんな持ってるから、借りて聴いてみてね」(買ってとは言わないとこが山下さんらしい〜)

アルバムで2曲作った話。ダンスミュージック。
ジャニーズ事務所に入って、踊りを通していろいろなことを学んだ。
途中、話しながら「一口水飲んでいいですか」と、持ってたペットボトルから一口。
客席から声がかかったみたいで「これ?お茶です」って答えてた。
よく聞こえなかったけど、「こぼしてない、こぼしてない」とか言ってたな。

「10月から香取君と2人でドラマをやります」
「凸凹コンビ。ミステリーです」
「逮捕しちゃうぞ!笑」
「ミステリーのクオリティが高くて、台本読むときとか、推理小説もだけど、推理しながら読むじゃん?俺結構当たるんだけど、今回の台本は1回も当たらない」
「僕と香取君の凸凹コンビ具合も楽しみにしててください」
「御曹司の役です。何でも買ってあげるぞー!」
「結構ハイテンションな役です」
「よろしくお願いします!」

「CMやらせてもらってます。ダイレクトショット」
「飲んじゃった人ー?」会場「はーい!」
「あれ?10代じゃなかったんですね。10代に見えるぞ?」
などなど、一通りの宣伝。ノートPCの宣伝もしてました。

ラブチェのイベントで全国を回った話。
「県民性ってあるよね。名古屋は握力超強かった」
「東京の人はまだ遠慮してるよね」
「あと、おしり触る人いるよね。いや、いいんですよ。いいんですけど、触り方がね、ガシッ!は遠慮していただければ(ジェスチャー付き)」
ガシッ!と掴まれることがあるらしい。みんな自重しようね!

「ファンクラブもできました」
「入ってくれた人ー?」「入ってない人ー?」「結構いるよねー」
「外で受付してるんで、住所をちゃちゃっと書いてね。入ってくれると俺も嬉しいし、ジャニーさんも嬉しいんだよ!」(前はマネージャーさんが嬉しいって言ってたような?わーい)

「今日はエンディングプランナーの監督さんとプロデューサーさんも来てくれてます。あと、2話でゲストに来てくれた玉森君」
関係者席にスポットライトが当たって、玉森君が立ってお辞儀したり手を振ったりしてました。
黒いエロPのスタッフTシャツ着てた。スクリーンにも映って、大歓声。
沸く会場に、「おーい!やきもちやいちゃうからね!」
「いや、いいよ、俺も大人だし。浮気してもいいよ。でも、最後は俺のところに戻ってこいよ!」会場さらに「キャー!てれちゃう

「会場を回ってて、たまにうちわに書いたこと忘れちゃう人いるよね。『指差しして!』って書いたあったから指差したのに、…(ポカーンて顔してみせる)。書いたものには責任持ってね。リアクションの方よろしくお願いします!」
いやそれは多分あまりの感動と感激にリアクションすらできなかっただけだと思うけどな!

■質問コーナー
「何でも聞いてくれていいよ!」
最初に南スタンドのメイン側の階段上って。
女の子「向日葵は好きですか?」
「ひまわり?好きか嫌いかと言ったら好きだけど、向日葵のことは普段あんまり考えないな」
その子が向日葵の花冠を被ってて、それで質問したみたい。そしたら山下さん「似合ってるね」って!
わーん、山下さんは何の気なしに言ってるのかもしれないけど、そういう言葉がどれだけ威力あるか分かってるのかな?ほんと天然の優男だよね…!
しかも、「他に質問ある?もう一ついいよ」って、もうほんとに優しい!
そしたら「今日のパンツは何色ですか?」って180度違う質問が。
山下さん、「しょうがないなー、見せてやるよ!」っておもむろにボトムをずりさげ、パンツを見せてくれました。
アルバム特典のエロPパンツ。わはは、仕込んできたな!
しかも肩にかけてたエロPタオルその子にあげちゃった。もうほんと大サービス!

次は逆サイドのスタンドの階段へ。
「朝早く起きるにはどうしたらいいですか?」
「うーん、血圧を上げてもらうとか。早く寝るといいんじゃない?」
「なんで泣いてるの?大丈夫?」(質問した子が泣いちゃった?)
「早起きを心がけるとか。あ、アラームのスヌーズ機能を使うといいんじゃないかな。あとは気合の問題も入ってくるよね」
すごい優しい言い方で、どんな質問にも真面目に考えて真摯に答える、山下さんが大好きだ揺れるハート

アリーナを歩きながら、「もっと自分をさらけ出していいんですよ。そんなに恥ずかしがらずにね」
エロPパンツ持ってる子がいて、「あ、持ってくれてるじゃないですか」
っておもむろに手にとって、頭に被っちゃった!火曜曲で中居君が被ってたみたいな被り方。
「いろいろ使い方があるんだよね〜笑」

「アメリカ行って一番どこが楽しかったですか?」
「基本的に全部楽しかったけど、景色はモニュメントバレーが一番すごかった。生まれて初めて音が全くしない場所に行った。風と自分の息の音だけ。無音の世界だった」

「どうやったら彼氏ができますか?」
「出会いっていうのは、見つけるものじゃなくて、できるもの。何歳ですか?」
「14歳です」
「自然にできるよ。じゃあ、俺がお前の恋人な!」

男の子「その服ちょうだい!」
「これ?これはまだ使うからあげられないなあ」
「脳みその色って何色?」
「お前ワルガキタイプだろ!見たことないけど、茶色かな」

「好きなスポーツは何ですか?」
「自分がやるのはバスケで、見るのはサッカーかな」

「どうしてそんなにかっこいいんですか?」
「応援してくれるみなさんがいるからじゃないですかね。チョリース!」

底に「エ」と「ロ」と書かれた紙コップを2個持ってるお姉さん。山下さん受け取って、山P紙コップみたいに目に当ててました。わーい、久し振り♪
しかし左右逆に当てて、「エロ」じゃなくて「ロエ」になってたわーい

「18歳なんですけど、30代に見られるんですけど」という女の子。
「俺には君が18歳にしか見えないけど」「ずっと制服着とけばいいんじゃない?」
「コスプレって言われる」
「言いたいやつには言わしとけばいいよ」
「あと私、握力42あります!」(多分ラブチェイベントの名古屋は握力強かったの流れで)
握手しながら「そんなに力入れなくていいからね。それは誰かのためにとっとくんだよ!」
いやいや、今使わずして…という気もするけどわーい

ステージに戻りながら「みんなでみんなを励ましあいたい」ということで、希望のサビを会場のみんなで。

「俺ね、最近考えたんだけど、お金で買えない物はなんだろうって。それは時間だなって」
「こうやってコンサートに来てくれたり、うちわを作ってくれたり。みんなの大事な時間を使ってくれて」
「今日は一番楽しい夏の思い出にしたいと思います!」

「やってみようかな…。できるかな」
「今日は楽しんでくれるかなー?」会場「いいともー!」
「すごい臨機応変能力!」めっちゃ嬉しそうな山下さんわーい

最後は「オッケー?」会場「レッツゴー!」
めっちゃ揃ってて気持ちよかった!

■ロマンチック
今日もかわいい10代の女性2人でした。2人目は浴衣でした。(山下さんはしきりに「着物」って言ってたわーい)
2人の間に座った山下さん、片足高く上げて組み直して、左の子に向かって「どっから来たの?」「○○です」「何歳ですか?」「17歳です」「勉強がんばってね」
で、もう一度逆に足を組み直して、右の子に同じように質問。
その後、最初の子に「お母さんも着物…きてるわけないね!」

■悩みの森の真ん中で
歌の後だったと思う。深々と頭を下げた後、
「今回のツアーは150から200人のスタッフさんが動いてくれています。そういう方々のおかげで全国を回れる。そして来てくれるお客さん、たくさんの力のおかげで、こうして素敵な時間をすごせています。
 俺にできることは、努力をやめることなく、いいメッセージを届けること。
 貴重な時間を、ありがとうございます!」

■アンコール
セットリストは基本的に横浜と同じで、プラス、今日はトリプルアンコまでありました!

ダブルアンコールで出てきて、
「生きてて楽しいと思う瞬間がコンサートです。終わっちゃうのが寂しい」
「でもまたすぐやれるようにがんばります。次は3倍くらいエロPになって帰って来たいと思います!」

「もう一発やっちゃうか?エロPのこと好きなのか!?」
と煽って、「愛、テキサス」
外周回りながら、関係者席(偉い人が座ってるとこ)の前では、律儀に2回くらいお辞儀してました。

ちなみにこの関係者席の皆様、ダブルが終わって終演のアナウンスがかかって、ぞろぞろと帰り始めたんだけど、
トリプルで山下さんが出てきたら、ちゃんと足を止めて、そのまま残って見てくださっていました。
(何人かは帰っちゃったかもだけど)

トリプルで出てきた山下さん、「時間大丈夫?」って聞いてくれて。
Tシャツの裾ちらっと上げて、「あぶない、エロPが出ちゃうとこだった!」
「今日と明日で終わりかー。寂しいーーー!」って何度も言ってた。わーん、私も寂しいよー!(>_<)

最後の曲は「ERO」でした!嬉しい〜!大好き!
「バイバイ」のとこは、「好きだぞ!」で、会場絶叫。
しかしこれほんとに踊ってほしいよー。OPやアンコールじゃなくて、がっつり。次は是非披露してー!


そんなこんなで、めっちゃ暑い、いや熱いライブでした!
トーク中心に書いたけども、ステージほんとに良かった!
やっぱりツアーで回を重ねるにつれてクオリティが上がってきたというのもあるだろうし、お客さんとの呼吸とかもできてきて、会場もすごく盛り上がってた。
コール&レスポンスとか、手振りとかクラップとかも、横浜より断然揃ってて。
そんで反応がいいと山下さんがすごく嬉しそうなんだよね。それ見るとこっちもめっちゃ嬉しくなっちゃう。
ほんとハッピーの相乗効果だなあと実感。めっちゃ楽しかった!

あと、今日は関係者の方がたくさん来場されてたというお話だったけど、お花もいっぱい来てた!
TV局やラジオ局が多かったかな。
MONSTERS、ROUTE66、スマスマ、おじゃマップ、火曜曲といった番組名でもいっぱい来てたし、○○局長みたいな個人名でもたくさん来てました。個人名の花(連名もあり)は、フジだけで5個ぐらいありました。
もちろん、ワーナーや、山下さんの作品に参加してくださったアーティストの方からのもありました。
お花はいつもあんまりチェックしないので、いつもより多いのか分からないけど、ずらっと何十個ものお花が並んでいるのは壮観でした。

会場出ると、FC入会受付に長い列ができててびっくり。
山下さーん!入会してくれる人がいっぱいだよー!見せてあげたかったよー!わーい

明日はオーラス!
まごうことなき天井席だけど、楽しんで、盛り上げてこようと思います!


2012082817360000.jpg
: ライブ : comments(0) : trackbacks(0) : posted by りの :
スポンサーサイト                 
: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://glorydays.jugem.jp/trackback/1465
<< NEW : TOP : OLD>>